FC2ブログ
よく来たね…歓迎するよ…。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
お別れの唄
2009-07-11 Sat 15:42
別れというのは必ず訪れる。
どんな形であれ、必ず。

それはどうすることも出来ない運命。
運命なんかに決められたくないけど。

今日は"別れ"について語ります。
いつもとトーンが違いますから、
読まないで頂いても結構ですよ^^

では、始めます―。


―とある人間の昔話。

その人は幾度も別れを経験してきた。
最も辛かったのは、ある女性-ヒト-との別れ。

相手の方から好かれ、その気持ちに応え、
いつしか惚れていた。心から。驚くほどに。

しかし、幸せな"日常"は長くはなかった。

時間の流れと共に彼女の心は離れていった。
彼女を想う気持ちが強く、大きくなる程に。

そして…。

彼女は言った。

『貴方を好きかどうかわからない』と。

"日常"は音を立てて崩れた。

やがて…その人の心は壊れてしまった。
最も信頼し、最も大切だったモノを失って。

人の気持ちというのは恐ろしい。
相手を傷つけ、自分を蝕んでゆく…。


今、その人はもう一度、大切なモノを手に入れた。
以前彼の元にあったモノ以上に大切な…。

それはまた、別の話になるのだが―。


―とある友人の物語。

彼は心の中に大切なモノを持っていた。
たとえ届かなくとも、大切に抱え、護っていた。

しかし、手に収まらないモノを護るのは難しい。
少しずつ零れ落ち、少しずつ消えてゆく。

彼は初めて欲したモノを手に入れる事は出来ず、
時間を掛けて出した答えは…"逃げる"という答え。

"逃げる"というのは何より難しい選択。
全てを捨て、失い、諦めるコト。

彼はそれを選択した。心で泣きながら。
辛かった筈なのに無理して笑っていた…。


君は大切な友人だ。親友というのかもしれない。
悔しいが、大切な存在だと思っている。

だから君の幸せを願おうと思う。
いつか…きっと…。

普段は絶対に口にする事のないこの言ノ葉が、
彼に届いてくれる事を祈っています―。


読んで下さった方、ありがとうございます。
皆様も、別れに挫けず生きてください。
では、またいつか。
スポンサーサイト
別窓 | 詩・歌詞 | コメント:9 | トラックバック:0
<<5日間。 | †反逆日記† | 眠いじぇ…(ρ.-)・。゜>>
この記事のコメント
どっかした?(´`)
2009-07-11 Sat 16:25 | URL | バカロン #leF2ecbc[ 内容変更]
バカロン様
私は大丈夫。何もないですよ^^

この記事は友人のある出来事をきっかけに、
少し昔話をしてみたという訳ですから…。

何か訊きたければメルにしてください。
2009-07-11 Sat 16:39 | URL | ぜろろん #-[ 内容変更]
key作品 だったら泣いてた


2009-07-11 Sat 20:39 | URL | ベル #-[ 内容変更]
自分には決定的で悲しい“別れ”の経験がありません。
「“別れ”があれば、また“出会い”がある」
とはよく言いますが、一体どうなんでしょうか。
その“別れ”と、新たな“出会い”の大きさは、果たして必ずしも等号関係に成り得るんでしょうか…?
生まれてこの方、疑問すぎて仕方がないです。
2009-07-11 Sat 21:16 | URL | いうおはー #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-07-11 Sat 21:22 | | #[ 内容変更]
ベル様
> key作品 だったら泣いてた
残念ながら、鍵作品ではなく零作品です。
2009-07-11 Sat 23:54 | URL | ぜろろん #-[ 内容変更]
いうおはー様
> 自分には決定的で悲しい“別れ”の経験がありません。
強いて挙げるならば私との別れならありましたよ。
連絡を取り合っている点では、別れと言えないですがw

> 「“別れ”があれば、また“出会い”がある」
自分の経験上、有り得ないと思います。
別れや出会いは続くことも有り得ますし。
そして等号関係は絶対に成り立ちません。
何故なら私はどんな別れをも越えるような、
出逢いを果たした経験がありますからね。
2009-07-12 Sun 00:04 | URL | ぜろろん #-[ 内容変更]
唄に惚れました。
こんにちはです!
これ素敵な唄ですねー…。
『貴方を好きかどうかわからない』
ちょっとぐっと来ました。
誰かが好きか分からないってこと、時々あったりするんですよね。

友達の話に感動でした。
いつか届くといい言葉って、自分ではいいにくいことだな、と改めて思いました。
素敵な唄、ありがとうございました。
2009-07-12 Sun 21:26 | URL | 空羅 #-[ 内容変更]
空羅様
この"唄"は私の経験を基にした物語です。
ある出来事をきっかけにこのような形の文章にしました。

> 『貴方を好きかどうかわからない』
この言葉は以前、私自身に向けられた言葉です。
深くは語りませんが、とても重い言葉ですね。

友達の話も現実の話を基にしています。
つまり私自身の本心、そして言ノ葉だということです。

完全な創作で無いことは把握して頂きたいです。
2009-07-12 Sun 21:45 | URL | ぜろろん #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| †反逆日記† |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。